下落相場でも儲ける究極の売買手法とは



売買には、経験、テクニック、資金力など必須要因があります。中でも、最も大きな問題となるのは感情のコントロールでしょう。それを解決させたものがシステムトレードだということはご存じだと思います。

システムトレードは、ロジックが既に構築されシステム化されているため、「簡単に売買が実行でき利益が出る」と、初心者は単純に考えます。

システムトレードを取り入れるならば、「ロジックの公開は必須」ですし、そのロジック自体、過去の相場をどのくらいの期間、また、どのように解析しているのか、あなたは理解し納得しなければなりません。

感情を排し、機械的に売買を行うことに問題はありません。しかし、そのシステム、またシステムを構築したチームの全てを明らかにしなければ、信頼に足るものであるとは言えません。

それでも勝てればよいですが、システムトレードを取り入れて、実際に利益を出している人は2割ほど、残りの8割は損失を出していると言われています。

損失する原因は何でしょうか?
株式投資〜解体新書

単純に、システムトレードは完璧ではないと言うことです。まず、あるロジックが現在の相場に有効だとしても、将来の相場に継続して通用することは、まずあり得ません。

明らかな下げポイントで買いサインが出たりすることはよくあります。ですので、思わぬ損失を被ることになる人がとても多くいるようです。簡単に言えば、「かゆいところに手が届かない」のです。

では、よりよいソリューション(解決策)はないのかということになりますと、それはあなた自身が売買手法を学ぶ他ありません。
株式投資〜解体新書

そんな「面倒で難しいことはできない」と思うでしょうか?全く違います。実にロジックとは突き詰めると単純なものだと解ります。

単純だと言い切る理由を述べるためには、具体的なテクニカル分析とトレンドフォローについて、どうしても知ってもらわなくてはなりません。

しかし、知ってもらうにしても、実践しながら売買手法を習得させ確立させるような書籍は、この20年の間、書店では見たことがありません。

大抵の内容は、1/3が自己啓発、1/3が過去どれだけ実績を上げたか、残り1/3が基本的な売買手法の列挙です。

このような内容では、いつまで経っても売買スキルは上がらず、メディアの情報に翻弄され続けることになります。

あなたは、「株式投資〜解体新書」をご存じですか?この書籍は、テクニカル分析(システム的)による、明確な売買のルールと条件を1つずつ「納得」させ習得させます。

そこから、あなた自身が「実践」で実行し、実際に結果を出すことを最終の目標としています。

言わば、システムトレードの利点と裁量トレードの利点を併せ持っている点が、他の書籍にはない「株式投資〜解体新書」の大きなポイントです。
株式投資〜解体新書

所謂、感情を排した手法を用いつつも、かゆいところに手が届く手法になっています。

しかし、1点だけこの売買法にも弱点が存在します。それは、感情のコントロールは自分でしなければならないという点です。

これさえクリアできれば、ほぼ間違いなく究極の手法と言えるものになります。自分の売買テクニックに自信がない、損失ばかりしているのであれば、1から改めて、売買手法を学び直すことを強くお勧めします。

ハードルは決して低くありませんが、この方法を手にすることで限りなくハードルが低くなります。「株式投資〜解体新書」は、そのために存在していると思います。

さらに、詳しく知りたい方はこちら
株式投資〜解体新書


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。