株の投資雑誌やテレビを見ても絶対に勝てない理由とは

「事実の裏にある真実をつかめ」

この言葉は、ウィークリーマンションでおなじみ川又氏の言葉です。川又氏はなんと新聞を8社、雑誌を月に20冊以上読むそうです。その理由は、新しい情報を掴むためだそうです。

川又氏曰く「今は情報が溢れている。しかし、事実と真実は違う。本当に大切なのは、膨大に流れてくる情報の中から何を選び出して事実を掴むかが大切」とのことでした。

私は、この言葉が株式投資にも通じることがあると感じていますし、格言としていつでも思い出すように心掛けています。情報を精査することで、本当に自分に必要な情報が見えてくるのです。

株式投資に関しても、今は株価情報など山のようにあります。しかし、その山のような情報の中から、自分でいるものといらないものを分け、「本当に必要なものだけを深く掘り下げていくこと、それを信じて掴み続けた人が成功に繋がっている」と感じています。

もし、あなたがそういった情報や確信をつかめていない場合は、著作権を初めて取得した株式投資指南書、「最後の株式投資マニュアル」を是非、読んでみてください。
「最後の株式投資マニュアル」厳選銘柄レポート配布、永久無料サービスつき
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。